PR

 後悔しないエアコン工事のために 

「取り付け工事で相当な追加費用を請求された」「追加費用請求されたけど妥当なの?」など、思われた経験のある方も少なくないのではないでしょうか。
実際、エアコン工事では現地の状況に合わせた工事が必要なため追加費用がかかることも多いのと同時に、その料金については不透明なケースもあります。

また、一部の悪質業者により詐欺的な部材販売の営業もはびこっており、お客様とのトラブルが未だ絶えないようです。

しかし当然ながら誠実丁寧な業者もいて、適切な理由により追加費用がかかってしまう場合もあります。お客様には、それが妥当なのか、そうではないのか見分ける判断力が求められます。

ここではよくあるエアコン工事の際の追加費用について説明していきますので参考にしてください。

全国のおすすめ業者を見る

※業者様も募集しております詳しくはこちら←

配管パイプの劣化について

室内機と室外機をつなぎ、冷媒ガスの通り道となるのが配管パイプ(銅のパイプ)です。

配管パイプは一度使用すると硬化するため、エアコンの移設時の取り付けにその硬化したパイプを再度使用することはあまり喜ばれません(癖がついていると再使用時に潰れる可能性もあり)。また、数年使用した場合、微量の金属の塵等が混入している場合があることからも移設時には新品配管への交換がメーカーより推奨されています。

多くの業者はこれらを「劣化」と表現します。そしてお客様に「劣化しているから交換が必要で1万円追加でかかります」という風に言います。
この「劣化」 という曖昧な言葉がトラブルの原因になります。

上の写真を見てください。上の配管は新品同様の配管パイプ、下のはある程度の期間使用したもの。
見た目も全然違います。写真下の配管パイプ表面に錆(緑青)が生成されたためこのような見た目になっています(結露水が原因?)。一見、「劣化で使えない」と言われればなんかそれっぽく聞こえますが、某エアコンメーカーに問い合わせたところ、「工事業者の判断にもよるが、ひび割れ等がない場合、特に大きな問題はない」とのこと。実際、エアコン移設の取り付けでこの配管を再利用しましたが特に冷暖房の効きに問題はありませんでした。

一部の悪質な業者だと、まだ設置後1年も経っていないのに「劣化のため交換」と言ったりします。当然その費用はお客様へ請求です。曖昧な言葉には気を付けましょう。

多くのエアコン工事会社のHPには「劣化および破損の場合は交換が必要」と書いてありますが、その明確な基準が示されていないのが実状です。

配管パイプの再使用について

一度取り外した配管は100%再使用できないわけではなく、再使用できればその分費用が浮きます。逆に100%再使用できるわけでもなく、できたとしてもデメリットはあります。工事依頼するお客様からすれば費用を抑えたいところだと思いますが、その再使用にあたっては知識と理解が必要です。

  • 長年使用した冷媒管内には小さなゴミが残留している可能性がある。
  • 配管硬化および断熱材収縮により美観上の問題が発生する場合がある。
  • ガス漏れリスクが増すため基本的に足りない分だけの延長はしない(延長作業にも料金はかかる)。
  • エアコンに使用されている冷媒の種類が異なれば再使用できない(他のエアコンの配管を使用したいとき)(洗浄費用は高い)。
  • 配管の潰れなど物理的損傷があれば性能に悪影響が出る。

業者の立場から言えば、最もリスクを抑えられるのが”新品配管への交換”です。そのため、設置業者がどのような根拠で交換を言及しているのかの確認が必要です。必ずしも悪質と言うわけではありません。
ちなみに、配管先端加工(フレア加工)をやり直せば、中古再使用したからといって冷媒が抜けることはありません。

冷媒ガスの補充

移設時や中古エアコンの取り付け時に下記のようなことを言われることがあるかもしれません。

「ガスが不足しているようです。入れ直しが必要です」 「15,000円かかります!」

冷媒ガスが配管内を循環することでエアコンは冷暖房効果を発揮するため、ガスが不足していればエアコンは効きません。しかし、工事(取り付け、ポンプダウン)ミスがない限りガスは大幅に減るものではありません。また、本当にガス不足だとすれば冷房運転時に写真のように室外機の配管接続部分に霜がつきます。※量によってはつかいない場合もある

移設時は、取り外し時まで正常に使用できていたならガスが不足していることはなく、上記のような文句を言ってきたら確実に悪質業者ですので帰ってもらいましょう。

中古エアコン取り付け(取り外しした人は別の人)の場合、設置完了後に試運転するまで冷媒が不足しているかどうかはほとんどの場合判断できません。もし、「ガス不足」を指摘された場合、そのエアコンを取り外すまで正常に使用できていたのなら、取り外した人がポンプダウン(室外機へのガスの回収)に失敗したか、取り付け業者が嘘をついているかのどちらかです。

真空引き(エアパージ)料の請求

真空引き(エアパージ)とは配管パイプ内の不純物(空気中の水分)を除き、配管内を真空にする作業のことをいいます。

超低温の冷媒ガスと空気中の水分が反応し氷となると機械内で詰まり故障の原因となりうるため、この作業を省くとエアコンの性能や、寿命に大きな影響を及ぼすとされており、メーカーから作業指示がでています。しかし、時間を要する(ルームエアコンなら10分程度)がために省いたり、追加料金を請求する業者もいるようです。

最近はこのような業者は少ないようですが、一部の下請け業者、片手間にエアコン工事を行っている業者もいますので工事に真空引きは含まれているのかは確認しましょう。

真空引きエアパージ

配管先端加工料の請求

配管加工料金のぼったくり一度エアコンから外した配管パイプを再使用して設置するときは再び先端を加工(フレア加工)しなければいけません。そのまま再接続するとガス漏れの原因になります。エアコン移設時にこの加工料を請求する業者もあるようです。基本取り付け工事費が安くても結果的に安く済まさない場合こともあります。

小さく「既存配管使用時は配管加工料3000円」と書いてあったりします。つまり、新品配管に交換しようが、既存配管をそのまま使用しようが追加料金がかかってしまうという落とし穴が仕掛けられているのです。

電線(ケーブル)の交換

「この電線は正規のものではないからダメ」 と言って交換を強要される場合があるようです。

室内機と室外機間は電線により電気および電気信号のやりとりをしますが、使用する電線(VVF)には直径1.6mmと2.0mmの2種類のものがあり、太い方が許容電流が大きいのでより安全でメーカーは推奨しています。しかし、重要なことは1.6mmのものが使えないというわけではないこと(単相100vに限る)。

1.6mmのものは危険!みたいな言い方をされて、電線交換で1万円近く請求されたという話をお客様から聞きました。

しかし、その業者が安全性のことを言っているのは正当なので判断がむずかしいところだと思います(が、1万円は高い)。

真の悪質業者だと2.0mmの電線を使用しているにも関わらず、1.6.mmが使われているとウソを言うこともあるのかな、とも思います。※このような業者はごくわずかだと思いますが気を付けてください。

取り付け・取り外し格安セット

エアコンを移設しようとしてネット検索すると「取付け、取外し(脱着)セット 8000円!」 とかあります。工事依頼をし、いざ工事当日。取り外しは問題なく終わります。しかし、取り付けになると、上記にあるように追加料金を請求されることが少なくないようです。 

ここで発生する問題が、その工事をキャンセルしたとき!
セット価格で工事を依頼している(そういう約束をしている)ので、取り付け工事をキャンセルした場合でも、セット価格の8000円は払わなくてはならなくなってしまうケースもあります(業者に依ります)。つまり、エアコン取り外しだけで8000円かかることになり得る可能性があるのです。

セット価格というのは、最低でもその金額を請求できるという業者に好都合な保証だと考えることもできます。

キャンセルしなくても、お客様にとっては予想外の追加費用。キャンセルしても約束の金額は払わないといけないし、また取付けだけ別に工事依頼。色々面倒ですね・・・。このようなことがあるみたいなのでセット価格で安いからという理由で安易に依頼するのはおすすめしません。

だまし方


まとめ

  • 「配管劣化」という言葉には注意だが、メーカーは新品配管への交換を推奨している(明確な基準なし)。
  • 冷暖房が効いていればガスの補充は基本的に必要ない。取り外されているエアコンのガス量は取り付け後にしか確認できない。
  • エアコン取り付け時の真空引き作業は大事な作業なので工事前に業者に確認すること。
  • 中古配管再使用時の配管加工(フレア加工)はしっかり行うか、また費用はかかるのか確認すること。
  • エアコン移設時の取り外し、取り付け工事で想定される追加費用について事前に業者に聞いておくこと。

PR

PAGE TOP