エアコンの標準取り外し工事の相場とは

標準設置されているエアコンの取り外しの相場は4,000円〜8,000円ほどです。

上記相場は、そのエアコンをまた使用する前提で、冷媒ガスの回収から、配管取り外し、エアコン取り外しまで丁寧に作業する内容です。(廃棄処分の場合については後述します。)

「ある特定の近隣住民のお客様なら3,000円、その他は+出張費2,000円」というような設定をしている個人業者も中にはいますので、見つけられればラッキー!

「なんか安いから逆に不安・・・」と感じるかもしれませんが、エアコンの取り外しは取り付けほどその技術に個人差はありません。
しかし、引越し会社やリサイクルショップで少し研修を受けた人やネット情報だけを参考にしているような人も稀におり、そのような人たち(取り付け工事を知らない人)が取り外すと最悪、再度取り付けできない状態(修理が必要)になってしまうので注意しましょう。

ちなみに「エアコン 取り外し 〇〇(地名)」で検索すればその地域のエアコン工事業者がヒットするので近隣または営業対応している業者さんを探しましょう。

※下の写真のような設置状況を標準設置といいます。参考までに

標準設置例

室外機が特殊設置の場合は追加費用がかかる。

上記写真のような室外機が室内機と同一階で床または地面設置の場合を標準工事と言い、その他、屋根や壁面などの金具に室外機が設置されている場合は特殊設置といい、取り外し時には必ず追加費用が発生します。

具体的に室外機の特殊設置とは、

また、室外機の特殊設置時の追加費用以外にも、「配管カバー取り外しは別途1,000円」「隠蔽配管時は別途2,000円」など細かく料金設定している業者もいますので、現場状況を確認のうえ問合せ時にしっかり伝えましょう。


pr

捨てるエアコンなら無料で取り外し・回収をしてくれる業者がいる。

エアコンを取り外して廃棄処分を考えている方に朗報?です。

無料で取り外し、回収処分までやってくれる業者が存在します。

なぜ、無料なのか。それはそのエアコンは資源、中古品として海外で売れるからです。修理すれば使えるエアコンがたくさんあるのだそうです(リユース)。

注意点として、そのような(廃品回収)業者はエアコン工事を専門にしているわけではありません。冷媒ガスを放出した取り外しや配管穴の処理はしないなどテキトーな方もいるようです。

「せめて丁寧に工事してほしい!」という方は、エアコン工事業者に依頼したほうがよいと思います。個人業者なら取り外し工賃のみで回収無料といったところや、通常の取り外し工賃より安くやってくれる専門業者もいます。※その地域によって異なる場合もあります。

家電量販店などの販売店や引越し会社に取り外し・引き取り回収を依頼するより、個人業者に依頼した方が安いです。そのようなエアコン工事業者を見つけるのはなかなか面倒かもしれませんが、費用面ではおすすめです。

稀に標準取り外し処分で15000円請求されたというお客様がいますが、部材費も時間も高度な技術も要する取り付け工事の工賃と同等と考えるとその処分費の高さは異常だと思われます。

取り外し工事を専門業者に依頼すべき理由。

エアコンの取り外し工事は取り付け工事ほど知識や経験がなくても可能です。また、ネット上にはその方法も多くあり、当サイト内でも紹介しています。→エアコンの取り外し方法

そのため、DIYでやろうとする方もいらっしゃいますが、「配管が外れないから切ってしまった」「室内機が外れない」などネット情報だけではどん詰まってしまったお客様が多くいます。
不要エアコンならまだいいかもしれませんが、まだ買って数年のエアコンを壊してしまったら業者に依頼したとき以上の修理費用が必要になるかもしれません。

そのような問題も少なくないため、「専門業者が取り外した以外の中古エアコンは取り付けない(または、保証外)」と言うエアコン業者もいます。

取り付け時のことも考慮し、安全、丁寧に取り外してくれる専門業者へ依頼しましょう。取り付け工事の費用や相場については別ページで紹介していますので参考にしていください。


「取り付けにかかる費用・相場について詳しく見る」

ページトップへ

全国のおすすめ業者を見る

※業者様も募集しております詳しくはこちら←

業者に依頼前の確認事項とは。

エアコンの取り外し費用は、主にエアコンの容量(kw)、設置状況により異なります(追加費用がかかるかかからないか。)

業者への問い合わせ前に、

  • 設置されているエアコンの品番
  • 室内機の設置場所
  • 室外機の設置場所
  • 室内機と室外機のだいたいの距離
  • 配管カバー(室内、室外)の有無

を確認しましょう。これらを知ってはじめて業者も正確な見積り金額の提示とともに工事判断が可能となります。スムーズなやりとりができればお客様と業者の信頼関係も築きやすく、良い仕事をしてくれる可能性も高まりますので押さえておきたいポイントです。


pr