エアコン取り外し工事の依頼先と料金相場

まず、ここではエアコン取り外し方法を解説しておりますが、それを参考にご自身でエアコン取り外しを行うことは推奨しておりません。適切に取り外すためにはある程度の知識と経験が必要です。専門業者への依頼を推奨致します。

「退去するからエアコンを取り外したい」「壊れているから取り外して処分したい」などの場合、エアコン取り外し工事依頼先には主に下記のような業者が存在します。

・引越し会社
実際は引越し業者の社員ではなく、それを請け負っているエアコン工事業者が作業に来ることになります(引越し業者が仲介)。引越しと同時に任せられるため時短が一番のメリットですが、割高です。
・全国対応の会社
全国対応を謳っている場合も、全国の請負業者と提携している形態をとっています(集客・対応と工事業者が別)。日時を指定できない場合もあり引越し時には少し不便かも。
・町の電気屋さん
今では少なくなりましたが付き合いがあるなら町の電気屋さんもエアコン取り外し工事をやってくれます。しかし、料金についてはお店によって異なるので事前に聞いておいた方がいいでしょう。
・個人業者、小規模会社
ホームページをつくって集客している個人業者や小規模会社もあります。「エアコン取り外し 〇〇(地名)」で検索すれば出てきます。個人業者は各々の料金、サービスを売りにしていることが多く、作業業者に直接申し込みができる点もメリットです。

エアコン取り外し工事の相場は4,000円〜8,000円(標準設置の場合)で、地域により異なるケースが多いです。また、室外機の特殊設置などの場合は追加費用が必ずかかります。詳しくは、「エアコン取り外し工事にかかる費用について」で書いていますので参考にしてください。。

エアコン取り外しの工事内容はどこまで?

”エアコン取り外し工事”を依頼した場合、どこまでやってくれるのか心配ではないですか?基本的には、また使用できる状態で取り外し、運搬しやすい状態にするまでが工事内容となります。

具体的にはエアコンからの配管の取り外し、室外機の取り外し、室内機の取り外し、配管スリーブのパテやキャップによる処理です。そのため、エアコンの梱包や運搬までは含まれている場合はほとんどありません。それらを希望の場合は問合せ時に別途依頼する必要があります。

また、処分専門の業者では、通常(再利用前提)の取り外し工事は行わないので間違えて依頼しないようにしましょう。

エアコン取り外し方法を解説

エアコンを取外すのは取り付けほど難しくはありません。しかし、ある程度の知識と経験が必要となりますので、ご自身での取り外しは推奨致しません。
失敗し、まだ使用できるはずのエアコンを壊してしまう方も少なくありません。実際の失敗(適切ではない)例も紹介しています。

※エアコン取り外しにおいて発生した事故、損傷等の責任は負えませんので自己責任にてお願いします。

失敗例を見る

1. 必要な道具
ニッパ、 モンキーレンチ、 ドライバー、 カッター、 六角レンチ(4mm、5mm)、 ビニールテープ、脚立、養生マット、パテ。 
最低限、これらは用意します(状況によっては他に必要な道具が増えます)。
エアコン取外しに必要な道具の用意
2. 部屋の中を養生
部屋に傷がつかないように厚手のマットで養生します。脚立を立てたり、道具を置いたりします。安全作業のため、できる限りスペースには余裕が必要です。
部屋の養生
3.冷房運転をする
冷房運転をかけます。冬の場合、リモコンでは冷房はかからない(温度センサーにより)ので、強制冷房というものを行います。その方法は各メーカー異なりますが、基本的にはエアコン本体の強制冷房(応急運転)ボタンの長押しです。室内機全面パネルを開けた右側または室外機の側面にその方法が書いてあることが多いので確認しておきます。
もしわからなければ、説明書を見たり、メーカーに問い合わせましょう。エアコンの型番を伝えれば教えてくれます。

強制冷房方法

強制冷房運転の方法
4.冷媒ガスを回収する(ポンプダウン)準備
室外機側面カバーを取外すと配管接続部分があります。
配管接続部分の横のキャップを2つともとります。きつく締められているので、モンキーレンチを使用しましょう。ここを外してもガスは出ません
※冷房運転して、配管に霜がついて白くなっていればガス漏れの可能性があります。数分経って消えれば問題なし。
ポンプダウンを行う
5.冷媒ガスを回収する(ポンプダウン)
まず、冷房がかかり、室外機が動いている状態を確認。確認後、細い配管(2分)が接続されている方(高圧側)に六角レンチを差込、時計回りに回します。これで弁が閉まり、ガスが送られる経路が遮断されます。
その約2分後、もう一方(太い方)の方へ六角を差込、同様に時計回りに回します。
その後、エアコンの運転を停止させ、フタが閉じ、ファンが停止したら電源プラグをコンセントから抜きます。 これでガスの回収作業は終了です。
※六角レンチは4mmのものを使用しますが、古いエアコンだと稀に5mm仕様なので用意しておきましょう。
六角レンチで室外機の弁を閉める
6.配管とケーブルを室外機から外す
配管は2つのモンキーを使用して外します。細い方(2分配管)の配管から取り外します(ガスが勢いよく出てきたらすぐに締めて再度ポンプダウンやり直しです)。2分配管が無事外れたら太い方(3分)も同様に外します。相当な力が必要な場合もあります。
その後、電線も引き抜いて外します。
モンキーを2つ使用し室外機から配管を外す
7.室内機側の配管接続も外す
ここの作業は取り付け状況によって多少違うので、失敗例を参考にしてください。
室外機同様の配管接続部分が室内機側にありますので、これも同様に外します。ドレンホースも外します。
電線は室内機につながったままで大丈夫ですが邪魔(処分する)ならニッパで切ってしまってもいいでしょう。
この室内機側配管接続を外さずに無理やり室内機を外している素人が多いです。事故、エアコンの損傷につながりやすいのタブーです。
室内機側接続の配管を外す
8.室内機を外す
室内機は機種により多少外し方は異なりますが、下端の2か所を親指で押す(または下に引く)ことでフックが外れ、上に持ち上げながら外すことができます。
メーカー・機種・設置状況によりコツが必要。
据付き板(背板)もビス(またはボルト)で止められているのでドライバーで外します。
室内機を壁から下ろす
9.パテ処理とまとめ
室内機を外したら壁の配管穴をパテやキャップで処理します。
以上で、エアコンの取り外しは完了です。
配管穴の処理で取り外し工事完了

取り付け方法を見る

どのメーカー、機種でも基本的な仕様は同じですが、多少異なる場合もあります。上記は基本部分のみの紹介となりますので、設置状況によっては手順、使用する工具も異なります。

全国のおすすめ業者を見る

※業者様も募集しております詳しくはこちら

PAGE TOP

PR