エアコン 取り外し方法

エアコンを取外すのは難しいことではありませんが、現在の取付け状況によっては、素人の方には大変に感じる場合もあるかもしれません。少しでも心配な要素があれば自分で外すことはオススメしません。失敗している人が少なくはないことを頭に入れておきましょう。おそらく、失敗例を見ていただければ自分にできるか、できないかはわかると思います。

エアコン取り外しにおいて発生した事故、損傷等の責任は負えませんので自己責任にてお願いします。

まずは、よくある失敗例を学びましょう!
エアコン取り外しの失敗例

1. 道具
ニッパ、 モンキー、 ドライバー、 カッター、 六角レンチ、 ビニールテープ、脚立、養生マット。 
最低限、これらは用意しましょう。(状況によっては他に必要な道具もあります)
エアコン取外しに必要な道具の用意
2. 部屋の中を養生
部屋に傷がつかないように厚手のマットで養生しましょう
部屋の養生
3.冷房運転をする
冷房運転をかけます。冬の場合、リモコンでは冷房はかかりませんので、強制冷房というものを行います。その方法は各メーカー異なりますが、基本的にはエアコン本体の強制冷房ボタンの長押しです。室内機全面パネルを開けた右側または室外機の側面にその方法が書いてあることが多いです。
もしわからなければ、説明書を見たり、メーカーに問い合わせましょう。エアコンの型番を伝えれば教えてくれます。
強制冷房運転の方法はこちら
強制冷房運転の方法
>4.ガスを回収する(ポンプダウン)準備
室外機側面カバーを取外すと配管接続部分があります
配管接続部分の横のキャップ(黄色矢印)を2つともとります。かたいかもしれないので、モンキーレンチを使用しましょう。ここを外してもガスは出ません
※冷房運転して、写真のように配管に霜がついて白くなっていればガス漏れの可能性があります。数分経ってなくなれば問題ありません。
ポンプダウンを行う
5.ガスを回収する(ポンプダウン)
冷房運転がかかり、室外機が動いている状態を確認したあと、細い配管(2分)が接続されている方のキャップを外したところに六角レンチを差し込みます。止まるまで時計回りに回します。これで弁が閉まり、ガスが送られる経路が遮断されます
その約2分後、もう一方(太い方)の方へ六角を差し込み、同様に時計回りに回します
その後、エアコンの運転を停止させ、フタが閉じ、ファンが停止したら電源プラグをコンセントから抜きます。 これでガスの回収作業は終了です
六角レンチで弁を閉める
6.配管を室外機から外す
「3」で外した2つのキャップを元に戻します。写真のように2つのモンキーを使用しモンキーを握るようにしてナットを緩めます。細い方の配管から外します。シュッっと音がするときもありますが、大丈夫です(かなりガスが漏れてくるようだったらすぐに締め直してポンプダウンからやり直してください。)
同様に太い配管も外します。結構な力が必要なので慎重に!
外した後、配管接続部分はテープ等で養生しましょう。
モンキーを2つ使用し室外機から配管を外す
テープ等で養生
7.電線を室外機から外す
ケーブル上部にあるフックにドライバー(-)を押し込みながら、ケーブルを下に引っ張ることで抜けます。なかなか抜けないときは1本ずつ抜きましょう。無理に抜くと部品内で電線(銅線)が折れてしまう可能性があります
室外機から電線を抜く
8.室内機側の配管接続も外す
ここの作業は取り付け状況によって多少違うので、失敗例を参考にしてください。
室外機同様の配管接続部分が室内機側にありますので、これも同様に外しますドレンホースもテープを剥がすなり、切るなりして外しましょう。
電線は室内機につながったままで大丈夫。邪魔(処分する)ならニッパで切ってしまいましょう。
この室内機側で配管が接続されたまま室内機を外している素人が多すぎます。室内機を配管がつながったまま引っこ抜いている感じです。<
室内機側の配管を外す
9.室内機を外す
室内機は機種により多少外し方は異なりますが、下端の2か所を親指で押す(または下に引く)ことでフックが外れ、上に持ち上げながら外すことができます。
メーカーや機種によって四苦八苦することも多いです。また中に溜まっている水が出てくることもあるので周囲のモノは移動させておきましょう。
据付き板もビス(またはボルト)で止められているのでドライバーで外します。
配管接続部分はテープで養生しましょう。あとは配管等をテープやヒモで結束します。最後に壁の配管貫通穴を埋めて終了です。
室内機を壁から下ろす
エアコン穴のパテ埋め

どのメーカー、機種でも基本的な仕様は同じですが、多少違う場合があるので注意してください。わからないことがあれば無理せずにメーカー等にも問い合わせるするといいでしょう。くれぐれも、自信がある人だけやってください。無理して自分、機械、建物を壊してからは遅いです。なお、すべて自己責任にてお願いいたします。

全国エアコン工事会社紹介中

※業者様も募集しております詳しくはこちら

PR