エアコン工事依頼前に確認したいこと

取り付けの場合

室内機の型番と寸法

カーテンレール、天井高さに干渉しませんか?

エアコンの型番は控えて業者に伝えるようにしましょう。機種(自動掃除タイプや加湿タイプなど)により工事費用がかわる場合があります。

寸法に関しては、設置場所でエアコンの幅、高さともに、実寸+5cm以上の余裕が必要です。

コンセントの電圧・コンセント形状

部屋にあるエアコン用のコンセントとエアコンの電源プラグは形状が一致しますか? 4種類ありますのでご確認を

エアコン専用コンセントの形状。容量と100v、200v

「コンセント形状が違う」「電圧が違う」場合は、エアコン工事の他にコンセント交換、電圧変更の電気工事が必要になります。
※電気工事には電気工事士の資格が必要です。

※機種・機能により容量と電圧およびアンペア数の組み合わせが異なるので必ず確認してください。

配管貫通穴(スリーブ)

配管貫通穴の写真

直径65cm程度の穴を通して配管を繋ぎます。配管穴が無い場合には開口作業が必要です。賃貸住宅の場合に開口作業が必要な場合には管理会社またはオーナーの許可が必要になります。

また、外壁の種類(木造モルタル・サイディング、タイル、ALC、コンクリート、ガリバリウム)によって費用は異なります。

室外機の設置場所

室外機の設置場所?

室外機はどこに、どのように(天吊り、壁面、屋根上、地面など)設置するのか。室外機の設置方法により費用も異なります。

隠蔽(先行)配管かどうか

隠蔽配管、先行配管

隠蔽配管、先行配管とは、通常なら露出で施工される配管が壁の中を通って施工されている配管処理のことをいいます。

「押し入れの中を通る」「壁から配管が出ている」「点検口をあけて配管通す」これらは隠蔽・先行配管になり、通常設置工事に追加で5,000円〜10,000円かかります。工事を受注していない業者もいます。

スペースの確保

工事スペースの確保

エアコンが設置してある下にテレビ、タンス、本棚、ピアノ、机,、パソコンなどが置いてあると脚立も立てられず、工事できないことが多くあります。常識的に考えて、その他工事の邪魔になりそうなものは整理し、工事スペースは事前に確保しましょう。

移設の場合

まずは、上記同様のことを確認してください。あとは・・・↓↓

配管パイプの長さ

お手持ち配管の長さの確認

移設元から持ってきた配管パイプが移設先で長さが足りるか確認。
同じような間取りでも、配管パイプを室内機から出す方向(全6方向)で使用する長さもかわってきます。「足りない」 「微妙・・・」 と思う方はそのことを事前に業者に伝えるとともに、その際の交換料金も聞いた方がいいです。現場で想定以上の追加が発生するかもしれません。

取り外し場所、取り付け場所で電気を使用できるか

   

引越し等の関係で、エアコン取り外し前に電気を止めてしまう(電力会社との契約を切る)方がいます。電気が来ていないとエアコンを動かすことができない。つまり、冷媒ガスを回収して外すことができません。また、取付け時にも、真空引きや試運転を行うため電気が必要です。。


PR