PR

 後悔しないエアコン工事のために 

@工事を依頼するエアコンと現場状況について把握する

エアコンの情報は室内機下部のラベルに記載  工事現場状況を詳しく把握すること

ご存知の通り、様々な機種、能力の大きさのエアコンがあります。そのため、工事依頼の際は型番・年式・使用電圧の情報が必要になります。

現場の状況、設置方法も千差万別のため、そちらの情報も業者側に伝える必要があります。

「型番さえ伝えれば業者の方でわかるんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、少し古いエアコンでは情報そのものが消えてしまっているものもあるので注意しましょう。

[確認事項]

  • エアコンの型番(例:CS-228CF)、年式
  • 専用コンセント(天井付近のコンセント)の有無
  • 配管を外に出すための穴(直径65mm程度)の有無
  • 室外機設置場所、方法について
  • エアコンを設置する壁の材質(石膏ボード、コンクリなど)
  • その他より詳しく

エアコン情報や現場状況を詳細に伝えることでスムーズなやりとり、見積り、工事につながります。
「現場にきて高額な追加費用がかかることになった」「工事が不可だった」「日を改めないとできなかった」などの問題がなるべく起こらないようにしたいところです。

A工事業者を探す〜依頼する

家電量販店(ヤ〇ダ電機など)や引越し業者にエアコン工事を依頼する人もいますが、ネットで業者を探した方が費用を抑えられる場合が多いのと、ご自分で業者を選ぶことができるので、ここではネットで探す場合についてお伝えします。

「エアコン工事+〇〇市」などで検索すると数十〜数百業者がヒットするかと思います。注意点さえ押さえておけばこの中から良心的な業者さんを探すことができます。主な注意点は3点

「ネット検索ですぐに見つかった」「基本工事費が安かった」という理由で依頼する方も少なくありませんが、後悔する方が多いのも事実です。その内容としては「追加費用で数万持っていかれた」「工事がかなり雑なように思えた」などです。

全国対応を謳う会社、業者は提携しているその地域の業者を下請けとして安い工賃で使うだけですので結局、お客様は自分で業者を選べません。

詳細料金表の記載がない会社、業者は都合の良いことだけ(安い基本工賃とか即日対応とか)記載し、問い合わせのあったお客さんをそのまま引き込んだり、工事当日に追加工事を「言い値」で請求したりすることもあります。

このような会社は基本工賃の安さでお客様を錯覚させて、追加費用でとるという手法が非常に多く、最悪の場合、「雑な工事を高額で」行われてしまう可能性があります。※悪質業者についてはこちらで解説

電話オペレーターのようなところを挟まず、詳細料金表を掲げ、職人本人と直接見積り〜工事まで接することができる業者を選ぶことを推奨します。

全国のおすすめ業者を見る

Bエアコン工事当日について

工事当日、時間までに作業スペースの確保や家具等の移動は済ませておきましょう。家具等の移動は手伝わないというところも多いです(破損のリスク等もあるため)。

基本的には作業開始前に業者の方から料金等の説明があると思いますが、無い場合は一応確認しましょう。工事完了後に追加請求されることがないように。もし、高額な追加料金がかかるようであればしっかりその理由を聞き、納得できないようなら工事を断る勇気も持ちましょう。その他聞きたいことがあれば躊躇せずに聞くべきです。

(おまけ)お茶やお菓子は出すべきか

出さなくても全く問題ありません。出すにしてもペットボトルや缶1本で業者さんは十分うれしいと思います。

夏の繁忙期は特に次の現場が迫っていることもあるので簡単なものが喜ばれます。

全国のおすすめ業者を見る

※業者様も募集しております。(詳しくはこちら)

PR

up