エアコンの標準取り付け工事の相場とは

「エアコンの取り付け費用って意外と高い」「追加費用をとられると聞いて怖い」など、エアコンの取り付け費用について疑問や不信感を持っている人も多いと思います。しかし、「高い、追加費用が・・・」と思うのもしっかり理解した上で判断した方が良いです。
追加費用が思った以上に高くてキャンセルしたら他の業者はもっと高かったなんてこともありますし、業者さんにとっても仕方なくかかる費用かもしれませんからね。

まずは、その標準取り付け費用の相場から見ていきましょう。

標準取り付け工事の相場は12,000円〜15,000円ほどです。これは家電量販店も一般(個人)工事業者もかわりません(家電量販店での工事はすべて下請け業者)。
ちなみにこの価格は ”新品” エアコンの取り付け時の工事に必要な部材(標準セット)を含めた相場で、”中古” エアコンの取り付け相場とは異なります。

中古エアコンの取り付けは「引越しに伴って取外したエアコンを取り付ける」「譲ってもらったエアコンを取り付ける」という場合が多いでしょうが、その場合、そのエアコンにそれまで使用されていた配管や室外機の台など必要な基本的な部材は揃っているはずです(丁寧に取り外されていれば)。それらを再度使用してエアコンを取りつけることが前提になるので工賃だけ見れば当然、新品取り付け時より安くなります。

中古取付けの標準取り付け相場(部材が問題なく再使用できた場合)は8,000円〜10,000円です。
しかしここで注意が必要なのは、部材が揃ってないときや部材が再使用できないときに新規でかかってくる部材費用です。これらの追加費用によって総工事費用が業者ごとにバラつきやすいので基本工賃ではなく、合計費用で考える必要があります。

標準工事の内容は業者によって微妙に違うことがある。

おそらく、これを読んでいる皆さんはエアコンの取り付けを検討していると思うので、色々なホームページ、サイトで ”標準工事” という文字を見ているかと思います。

そこで気づきませんでしたか?各サイトによって微妙に内容が違うって。

同じ、標準取り付け工事と書いてあるのにその内容を詳しく見ると「〜は別途費用」「〜は工事に含まれます」などの記載が各業者によって異なっていることがあります。これは業界全体で厳密に決まっていることではないので業者ごとにその内容は自由に表記できます。

エアコン取り付け標準施工例

新品エアコン取り付け時の共通する標準取り付け工事内容は、

各業者で標準工事内容に ”含む” ”含まない” で異なるのは、

新築等で壁に配管穴が無い場合は新規に開口しなければなりません。量販店系で工事込みでエアコンを購入した際は含まれていることが多いですが、一般業者だと別途費用がかかるところも珍しくありません。

取り付け時には必ず作業しなければならない真空引きですが、近年はほとんどの業者が標準工事内でやってくれるので心配ないかと思います(未だにやらない業者もいるみたいなので少し注意)

エアコンは部屋の大きさによってその容量は異なり、容量が大きくなるにつれエアコンの取り付け施工難度もあがります。そのため各業者によって、「〜kw以上のエアコンは別途追加」という、そのkw数の基準が異なります。

以上のように同じ言葉でも微妙に内容が異なりますので、業者Aに依頼すれば標準工事内で安く取り付けられたものが、業者Bに依頼して標準工事+いくらかかかってしまうといったこともあります(もちろん、業者Bがあなたにとって優良業者ならそれでいいでしょう)。標準工事内容や料金表はよ〜く確認しておきましょう。

どんなときに、どんな追加費用がかかるの?

追加費用が発生するポイントは2点あります。1つ目は、標準工事内容の条件から外れた時。2つ目は新規に部材が必要なときです。

まず、標準条件から外れた時ですが、例えば、「室外機を公団金具で吊るす」とか「リビング用の能力の大きなエアコンを取り付ける」などです。2つ目の新規部材が必要になったときとは、「配管延長が必要」とか「配管カバーを取り付ける」などです。

新規部材についてはその業者、会社のホームページ掲載の料金表にも項目があるのでわかりやすいかと思います。しかし、工事内容の条件についてはある程度は想像できるものの、実際の現場は千差万別なので思いもよらないところで追加費用がかかってしまうというケースもあります。

例えば、業者さんによって「室内機取り付け壁がコンクリートだから追加で数千円」「配管穴の位置が遠いため室内ドレン断熱、追加で数千円」などかかる場合があります。
このような取り付け業者に対して単に「悪質だ」、「詐欺だ」と言う方もいますが必ずしもそうではありません。手間・時間や部材費がかかっているのは紛れもない事実です

ここで、現場にてよくある(現調しないと正確にわからない)見積り以外の追加費用例(一部、業者により異なります)を紹介します。

エアコン取り付け時の追加費用が必要なケース例

追加費用がかかることは悪いことではない!?

口コミサイトやブログを覗いていると、「実際には追加費用がかかった」「基本工事費以外にもとられる」というような投稿がされているのをよく見かけます。まるでエアコン工事業者が100%悪いみたいな書き方をしている投稿も多いです。

まず前提として基本工賃だけで終わる場合もあればそうでない場合もあります。

追加費用がかかったからと言ってその業者は信用できないというのは少し急ぎすぎです。

お客様宅の状況、エアコンの状態、必要な作業は各工事異なります。そこで、1台1台必要な作業、部材を基本工賃に追加していくのが常です(あたりまえ)。さらに事前にお客様に確認できない(聞いてもわからない)事項については現場判断となるケースも少なくありません。

もし「追加費用がかかったから悪徳だ」と言う人が多くなれば業者の立場としては最初から「工事一式 5万円/台」みたいに高額設定するしかありません。これで喜ぶのは業者だけです。

お客様のエアコン工事に必要なだけの作業、部材を適正な価格で行うのが双方にとって好都合です。そのため安易に悪徳だとは言えません。

追加項目を(適正価格で)増やすことで基本工賃を抑え、より多くのお客様にその現場に合った工事代金を提示している工事業者はいます!(基本工賃が他社と比較し安すぎる場合には高額オプション費用に注意!!) 。

悪質な追加費用請求には注意!

「追加費用を請求する業者は必ずしも悪質業者ではない」と前述しましたが、中には、お客様の無知に漬け込み、適当に理由をつけて高額な追加費用を請求しようとする悪質な業者もいますのでご注意ください。

詳しくは、悪質エアコン業者に注意!を参考にしてください。

安く抑えたいなら現場状況を把握し、業者に伝え、複数見積りをとる。

ここまで見てきたように、同じ現場でも取り付け業者によってその費用に差がありますし、想定外の追加費用が必要となる場合もあります。

少しでも安く抑えたいという方、方法は1つです。
そのエアコンのこと(型番や機能)と取り付け現場の詳細な状況をしっかり把握し、同じ内容で複数業者(2〜5社)に問合せ、見積りをとりましょう

その中で、金額面だけでなくその他(対応や保証)も考慮し、信用できそうな業者へ依頼することが大切です。

エアコン取り付け工事を知る者として、一つアドバイスをするとすれば、その見積りをとる複数業者の中に下請け作業ではない個人業者は必ず含めましょう。
実際、お客様から聞いたり、ネットで見る、お客様と施工業者間でのエアコン取り付け費用面でのトラブルは、全国対応の会社や引越し会社に取り付け、移設工事を依頼したという場合が非常に多いです。

初めてエアコンの取り付け工事をするという方も、今まで納得していない追加費用を払っていたかもという方もまずは把握、見積りが大切です。そして、わからないことや不透明なことは問合せ時に聞きましょう。

全国のおすすめ業者を見る

※業者様も募集しております詳しくはこちら←


pr

up