エアコン取り外しで素人がよくやる失敗例

 

 エアコン取り外しにおけるよくある失敗例

エアコンを取外すのは難しいことではありませんが、現在の取り付け状況によっては、素人の方には大変に感じる方もいるかもしれません。少しでも心配な要素があれば自分で外すことはオススメしません。失敗している人が少なくはないことを頭に入れておきましょう。ここでは、素人が自分でエアコン取り外す際のよくある失敗例を紹介します。

エアコン取り外しにおいて発生した事故、損傷等の責任は負えません。自己責任にてお願いします。

エアコン取り外し方法

ガスの回収に失敗

ガス回収(ポンプダウン)は最も重要な工程です。次のようなことが失敗の原因かもしれません。

ちなみに冷媒ガスの回収に失敗し、放出してしまうと取り付け時にガスの充てんが必要となり1万円〜2万円かかります。

室内機が外れない

室内機は基本的に下端2ヵ所(△印あり)をプッシュしながら本体を軽く手前に引き、少し上に持ち上げれば壁から外れるような仕組みになっています。機種によってなかなか外れないものもあります。

エアコン下部のフック

また、三菱電機のエアコンの場合は△印のある下端2ヵ所を下に引きます。このとき、先端が直角に曲がった細くて硬いものが必要です。

ダイキンのエアコンや古いエアコンの場合、ビスで室内機が鉄板(背板)に固定されている場合があります。この場合、どんなに印のところを押しても室内機は外れません。どうしても外れない場合はその可能性を疑ってください。無理やり外すと機械が破損する可能性があります。

無理やり外すと下のフックが折れ、再度取付けた際に下っ端が壁から浮いてしまうことになりかねないので力ずくで取り外してはいけません。

室内機の裏で配管が接続されていて外せない(配管左出し)

正面から見て配管が室内機の左側から出ている場合、接続部分は機械の裏になります。通常は室内機を持ち上げてナットを緩め外しますが、素人の人の中には配管がつながったまま室内機を外そうとする人がいます。もちろん、それでも構わないと思いますが、非常に大変だと思いますし、危険です。さらに、配管に無理な力が働き配管が折れてしまう可能衛もあります。ナットから配管を5cmほど残してニッパ等で切った方がまだいいと思います。

エアコン配管左出し 左出しの場合の配管接続箇所

補助配管を切ってしまう、潰してしまう

室内機から元々40cmくらいの配管(補助配管)が2本出ています(ここに配管パイプをつなぎます)。それが右から出て取り付けてある場合、外した後に左に(元の状態に)戻します(持ち運びやすいため)。しかし、力任せに戻そうとすると根元で潰れてしまい、使い物にならなくなってしまう可能性があります。一度使用した配管は非常に硬くなってしまうのです。処分するエアコンならいいですが、再使用するエアコンの場合は注意。

さらに、この補助配管の存在を知らずに根元から切り飛ばして外す人もいます。言語道断です。

ドレンホースを切ってしまう

上記、補助配管と同様に室内機には30cmくらいのドレンホースがついています。それを途中で切ってしまうと修理の手間、費用がかかる場合があります。
ドレンホースの切る場所の間違い

PR