エアコン室内機からたまにポコポコ音がする

夏場、エアコン室内機から「ポコポコ」という異音がしたことはありませんか?その異音の原因はエアコンの故障ではありません。エアカットバルブという専用部品をドレンホースに取り付けることで解消されます。

異音の原因とは

異音の原因はドレンホースからの空気の逆流による水の押し返しです。

ドレンホースを通って逆流する空気

夏場エアコンを使用すると結露水が室内機に溜まり、一定量を超えるとドレンホースを通って室外には排出されます。通常なら問題なく排出されるのですが、空気が逆流することがあり、その影響で水が「ポコポコ」と鳴ることがあります。

また、水の溜まりがなくても空気の逆流により「ヒューヒュー」という風が通り抜ける音がなることもあり、1年を通して対策する必要があると思います。

空気が逆流する理由

ドレンホースから空気が逆流すると言いましたが、その原因は主に2つあります。

  • 強風が吹いた。
  • 室内と室外気圧の差による空気の流れ込み。

強風による影響についてはわかりやすいと思います。しかし、ポコポコ異音の主な原因は気圧差によるものです。

特にマンションは高気密住宅のため室内機と室外の気圧差が大きくなります(室内が低気圧)。気圧は等圧になろうと働くので外から空気が入り込む力が働き、夏場冷房を効かせ、締めきっている室内にはその空気の入り口がエアコンのドレンホースしかなく、そこから流れ込んで水を押し返し、「ポコポコ」と異音がなります。

窓を開けたりするとの異音は(一時的には)解消されます。

異音解消の対策

エアーカットバルブ、通称おとめちゃん(音止めちゃん)(ドレン用逆止弁)という部品をドレンホースの途中に設置することで空気の逆流が阻止され異音は解消されます。また、昆虫などの侵入も防げます(ほとんど入ってきませんが)。

決して高いものではなく、ホームセンターでも売っています。ビニールテープとカッターさあれば簡単に取り付けられますので、音が気になるような人は取付けてはどうでしょうか。※室内側ではなく室外側のドレンホースに取り付けます。

エアカットバルブ取付け時のデメリット

エアカットバルブが取り付けてあると、水とともに外へ排出されるはずのホコリ等のゴミがバルブに溜まってしまうことがあります。長年放置していると、このゴミが原因で水の排出がうまく行われず、室内側での水漏れの原因になります。夏シーズン終わりに取外し、掃除、再度取り付けるというメンテナンスが必要です。

工事施工業者ではなく自分で取付けるべき理由

素人でも取り付けられるエアカットバルブ。しかし、その存在を知ってる人はなかなかいません。それをいいことにマンション等でエアコンを設置すると、設置業者にエアカットバルブの取付けを薦められることがあります。

妥当な価格ならいいですが法外な料金を請求する業者がたまにいます。※エアカットバルブ取付けだけで追加8,000円請求されたというお客さんがいました(某大手エアコン工事業者にて)。

材料費込で1,000円〜3,000円前後ならエアコン取り付け時に業者に任せた方がいいかもしれませんが、自分でやれば〜1000円程度でできるものです。あまりにも高いと感じたら 「自分でやるから大丈夫」 と言ってその場は流しましょう。

重要な点まとめ

  • エアコンの「ポコポコ」という異音は故障ではなく、ドレンホースからの空気の逆流が原因。
  • ポコポコ異音解消には、エアカットバルブという専用部品を取り付ける。
  • エアカットバルブ取り付け後は定期的(夏)に掃除が必要。
  • 業者に依頼すると1,000円〜3,000円が相場(取り付け工事と同時の場合)