エアコンの使用電圧には100ボルトと200ボルトがある。

意外と知らない方も多いですが、100V(ボルト)で動くエアコンと200Vで動くエアコンがあります。能力(kw(キロワット))が大きくなると200Vの電気が必要になります。

100vと200vのだいたいの境目としては4.0kwですが、最近のエアコンでは自動掃除昨日などの特殊機能が多く搭載されているエアコンもあり電気を多く使用するので冷暖房能力が低くても200Vのエアコンもあります。。機種やメーカーにより異なり、混在しているので購入時や譲り受ける際には必ず「何ボルト仕様のエアコンなのか?」を確認しましょう。

使用する予定のコンセント電圧・アンペア数がエアコンの仕様と合っていないと電気工事が必要になります。想定外の出費となることもありますし、最悪取り付け不可と言われることもあります。

同じ電圧でもアンペア数が異なるとコンセントの差込口の形状が変わります。しかしこの場合はコンセントを交換するだけでエアコンは使用できるようになります。電圧が異なる場合にはコンセントだけでなく、分電盤での電圧変更作業が必要になります。

電圧切り替え、コンセント交換作業の費用相場

100Vのエアコンを200Vの電源で使用できませんし、その逆も然り。専用コンセントの電圧がそのエアコンの仕様と違う場合には、電圧切り替え工事、コンセント交換作業が必要です。

電圧切り替え費用相場 2000円〜3000円、コンセント交換作業費用相場 1000円〜2000円です。電圧変更の際には必ずコンセント交換作業も必要になるので2つで5000円程度かかります。ちなみにこの電気工事には国家資格である電気工事士の資格が必要なので資格の無い方がDIYで行なってはいけません。

基本的にはエアコン設置時に同時作業となりますので、エアコン工事依頼時に「電圧とコンセント交換が必要です」と伝えればほぼ問題ありません。中には電気工事士の資格を持っっておらずコンセント交換、電圧変更作業ができないエアコン工事業者もいます。突発的に電気工事が必要になる場合もあるので事前に確認しておくと良いかもしれません。

エアコン設置の電気工事費用相場
コンセント交換 1000円〜2000円
電圧変更 2000円〜3000円

200V電源には専用回路が必須!

200Vの電源を取るためには、専用回路が必要です

専用回路ではないコンセントを200Vにすることは基本的にできませんので必ず確認してください。

エアコンの専用回路とは

分電盤内に並ぶ「安全(子)ブレーカー1つ対コンセント1つだけ」で使用している回路のことを専用回路と呼びます。※安全ブレーカーにつながるほとんどの電線は壁内でいくつかに分岐し数個のコンセントを共有しています。

専用回路説明用図

専用回路になっていないブレーカーを200Vにして電圧切り替えをしてしまうと、それとつながっている他の電源コンセントまで200Vになってしまいます。もし、そのコンセントで携帯を充電していた場合、携帯は即死です。

特に団地や古めのマンションでは専用回路になっていないことが少なくありません。

専用回路がなければ、専用回路を増設。

「専用回路がないけど、200Vのエアコンを取り付けたい」という場合には、専用回路の増設工事が必要です

相場は15000~20000円です。専用回路増設時、以下のようなケースの場合には追加費用がかかることを知っておきましょう。

専用回路増設時の追加費用

  • 分電盤と増設するコンセントの距離が遠い(15m~)(延長 500円/m 程度)。
  • 分電盤がある階とコンセントを増設する階が異なる。(10,000円程度)
  • 分電盤に安全ブレーカーを設置する予備スペースがない。
  • 室内配線を隠すためのモール代(必要であれば)。
  • 室外配線を保護するためのEV管、PF管(必要であれば)。
  • 単相2線式の住宅のため、単相3線の引き込みが必要な場合。

配線方法には壁内隠蔽配線、室内露出配線がありますが住宅の構造により配線方法はかわります。特にマンションや団地では天井裏に入ることや壁内のケーブル通しが難しい場合が多いため露出配線となることが多いです。

ちなみに100V仕様のエアコンでもその電力は他家電と比較すると大きいため、専用回路が必要となります。「専用コンセントがないとエアコンを取り付けられない」という認識を持っている方も多くいると思います。もちろん専用コンセントがあるに越したことはないですが、これに関しては法律で決まっているわけではありません。

たまに「法律でそうなっている」と勘違いしている方もいますが、そうではありません。おそらく家電量販店等では専用回路が無い場合の住宅へのエアコン設置は行っていないのでそのように捉えられているのでしょう。

かと言って、専用コンセントじゃなくても問題ないというわけではないので注意しましょう。

専用回路かどうか調べる方法

誰でもエアコン設置場所付近にあるコンセントがエアコン専用回路かどうか調べる方法があるので紹介します。

  1. 1.エアコン設置予定の場所付近にあるコンセントを使用しドライヤー(連続動作する家電)をONにする。(エアコンが既設の場合にはエアコンの電源を入れる(送風運転が良い)。)
  2. 2.ブレーカーをひとつ1つ落としていく。
  3. 3.どのブレーカーを落とした時にドライヤー(エアコン)がストップしたか確認する。
  4. 4.ドライヤー(エアコン)がストップした時以外のブレーカーを全部元に戻す(ONにする)。
  5. 5.ドライヤーをそのコンセント以外の家中のコンセントに挿す。
  6. 6.どのコンセントでもドライヤーが動けば対象のコンセントは通電しているので、対象のコンセントは独立した専用コンセントだと判明。

事前に調べた結果をもとに工事業者に連絡すれば「増設工事が必要かどうか」の判断ができます。

まとめ

  • 電圧切り替え工事とコンセント交換作業はセット、費用は5000円くらい。
  • 基本的にエアコンを使用するには専用回路の電源が必要。
  • 200Vのエアコンは専用回路が必須。
  • 専用回路がなければ、増設工事が必要!15,000円~
  • 増設工事費は住宅環境により追加費用が必要。
  • 専用コンセントがない場合には業者や家電量販店にエアコンの取り付けを断られることもある。

全国の頑張る業者さん

  • 【大阪】TNエアコンサービス

    TNエアコンサービス

    少数精鋭で臨機応変、丁寧に対応!工事日時もご相談ください。【中古エアコン工事込み 3万円から有り!】公式サイト

  • 【静岡県】フジエアーテクノ

    「また今度工事があるときはお願いするよ!」その言葉が聞きたくて工事の品質、価格ともに満足していただけるよう精進しています。エアコン工事キャリア20年/安心の工事1年保証 公式サイト

  • 【長崎県】しま電器

    しま電器

    ”ブログにて実際の工事紹介”を行っております。”価格は安く時間をかけた丁寧な仕上がり”が理想の選択肢だと考えています。公式サイト

  • 【東京】青雲電機(せいうんでんき)

    青雲電機

    工事費だまされていませんか?日本で1番安い!?配管セット(1000円/m)!リピーター、女性のお客様多数!下請けなし。公式サイト

  • 【宮崎県】前田電工

    前田電工

    宮崎県宮崎市を中心にご家庭のエアコン、各種電気工事を行なっております。「適切な施工」「適正な価格」「誠実な対応」でお役に立たせていただきます。 公式サイト

up