エアコンの使用電圧には100ボルトと200ボルトがある。

意外と知らない方も多いですが、100V(ボルト)で動くエアコンと200Vで動くエアコンがあります。能力(kw(キロワット))が大きくなると200Vの電気が必要になります。

だいたいの境目としては4.0kwで、それ以下は100V、それ以上は200Vとなります。機種やメーカーにより異なるので混在しているので、購入時や譲り受ける際には必ず「何ボルトのエアコンなのか?」を確認しましょう。

使用する予定のコンセント電圧・アンペア数がエアコンの規格と合っていないと電気工事が必要になります。想定外なしゅぴになることもありますし、最悪取り付け不可と言われることもあります。

電圧切り替え、コンセント交換作業の費用相場

100Vのエアコンを200Vの電源で使用できませんし、その逆も然り。専用コンセントに来ている電圧がそのエアコンの規格と違う場合には、電圧切り替え工事、コンセント交換作業が必要です。

電圧切り替え費用相場 3000円、コンセント交換作業費用相場 2000円です。電圧変更の際には必ずコンセント交換作業も必要になるので2つで5000円程度かかります。ちなみにこの電気工事には国家資格である電気工事士の資格が必要です。

基本的にはエアコン設置時に同時作業となりますので、エアコン工事依頼時に「電圧とコンセント交換が必要です」と伝えればほぼ問題ありません。

200V電源には専用回路が必須!

200Vの電源を取るためには、専用回路が必要です

専用回路とは

分電盤内に並ぶ安全(子)ブレーカー1つをその電源コンセント1つだけで使用している回路のこと。
※ほとんどの安全ブレーカーにつながる電線は壁内でいくつかに分岐し数個のコンセントを共有しています。

専用回路説明用図

専用回路ではないブレーカーを200Vにして電圧切り替えしてしまうと、それとつながっている他の電源コンセントまで200Vになってしまいます。もし、そのコンセントで携帯を充電していた場合、携帯は即死です。

特に団地や古めのマンションでは専用回路になっていないことが少なくありません。

専用回路がなければ、専用回路を増設。

「専用回路がないけど、200Vのエアコンを取り付けたい」という場合には、専用回路の増設工事が必要です。

相場は15000~20000円です。以下のようなケースの場合には追加費用がかかることを知っておきましょう。

専用回路増設時の追加費用

  • 分電盤と増設するコンセントの距離が遠い(15m~)(延長 500円/m 程度)。
  • 分電盤がある階とコンセントを増設する階が異なる。(10,000円程度)
  • 分電盤に安全ブレーカーを設置する予備スペースがない。
  • 室内配線を隠すためのモール代(必要であれば)。
  • 単相2線式の住宅のため、単相3線の引き込みが必要な場合。

配線方法には壁内隠蔽配線、室内露出配線がありますが住宅の構造により配線方法はかわります。特にマンションや団地では天井裏に入ることや壁内のケーブル通しが難しい場合が多いため露出配線となることが多いです。

ちなみに100V仕様のエアコンでもその電力は他家電と比較すると大きいため、専用回路が必要です。しかし、法律で決まっているわけではなく、「推奨」という言葉の方があっているかもしれませんが、その責任問題から家電量販店等では専用回路が無い場合の住宅へのエアコン設置は行っていません(もしやるなら増設が必要)。それくらいのリスクはあることがわかります。

まとめ

  • 電圧切り替え工事とコンセント交換作業はセット、費用は5000円くらい。
  • 基本的にエアコン使用するには専用回路の電源が必要。
  • 200Vのエアコンは専用回路が必須。
  • 専用回路がなければ、増設工事が必要!15,000円~
  • 増設工事費は住宅環境により追加費用が必要。

PR

up