なぜエアコンから水が漏れるのか

夏場冷房を使用していると、「室内機から水が出てきた」という場面にであったことはありませんか?普通は出会わない場面ですが、稀にそのようなことが起きます。

知らない人も意外と多いようですが、夏場冷房を使用すると室内機側で結露が発生します。通常ですとその結露水は配管(ドレンホース)を通って室外へ排出されます。それがなんらかの原因でうまく室外機に排出されないときに室内側で水漏れを起こすことあります。

水漏れの原因と対処方法

室内機が穴位置とは逆方向に傾いている(逆勾配)

完全なる取り付け工事ミスであり、お客様ご自身で対処するにはなかなか難しいです。まずは取り付け業者の方へ連絡し対応してもらうことをおすすめします。

一時的な対処方法としては下がっている側の下端のエアコンと壁の間に段ボールなどを挟んで傾斜角度をできるだけ緩やかにすることです。しかし、慣れていない方はその隙間に入れることも大変だと思います。なるべく早めに業者に連絡しましょう。

室内機より上に室外機が設置されている

当然、配管は下から上に上がっていると思います。この場合の水漏れの原因の多くが雨です。雨が配管を伝わって外から中に入ってきている可能性があります。(基本的には水が浸入しないように取り付けされているはずですが)穴をコーキング等でしっかり塞ぐことで対処できます。自分でもできますが施工業者に連絡してもよいと思います。化粧カバーが施工されていると一般の方には難しいかもしれないので業者に依頼しましょう。。

特に配管カバーに蛇腹が使用され、経年劣化でボロボロとなったことで大量の雨が侵入してしまうケースが多いです。

ドレンホースの先端があがっている

室外に出ているドレンホースの先端が上を向いていると当然水の流れは滞り、室内側でオーバーフローすることになります。基本的に業者のミスということは考えにくく、お客様が知らずのうち(ベランダ掃除中など)になんらかの拍子で上を向いてしまった可能性が高いです。先端を下に戻しましょう。

ドレンホース(配管)が途中であがっている

直すのは簡単ではないので業者の方へ相談しましょう。自分で直そうとすると配管(銅)が折れたり、別のところから水漏れを起こす可能性があります。最悪、配管に力が加わりガス漏れを起こす可能性もあります。
ドレンホース逆勾配 水漏れ原因

ホコリや虫がホース内に

見た目に問題ないのに水漏れを起こしているときの原因の多くがホコリや虫です。

掃除をしていなかったりすると熱交換器についたホコリは水とともに流れ次第に溜まります。その結果、水が流れる道を塞ぎ水漏れにつながります。対処法は次の通りです。

  • ドレンホースの末端から息を吹き込む(一時的に直ってもまたホコリが溜まる可能性大)
  • 分解クリーニングを依頼する
  • 専用のポンプで対処する(ホームセンター、ネットで買えます)(一時的な処置)

極稀に虫がドレンホース内に侵入してしまうことがあります(虫=詰まりの原因)。一度侵入してしまい、水漏れを起こすとどこにいるか特定が難しいのでドレンホース全交換となる場合があります。ホームセンターでは虫の侵入を防ぐ「虫よけガード」というものが市販されています。

エアカットバルブが取付けられていてそこにゴミが溜まっている

夏場エアコンから発生した水は熱交換器などについたホコリも一緒に流します。ドレンホースの途中にエアカットバルブが取り付けられていると、そこに容易にホコリが溜まったしまい水を塞き止めます。ゴミが見られるようなら外して掃除して再度取り付けましょう。

業者に水漏れ修理を依頼した場合の費用

前述の通り、水漏れ原因は様々で、その修理費用も相場がありません。取り外しを行わなければ修理できない場合もあれば、5分程度で完了する場合もあります。

また、水漏れ原因も実際に見なければわからないため現場にて判断されるケースもあります。

エアコンの取り外しと再度の取り付けが必要ない場合であれば出張費込みで3,000円〜5,000円程度が妥当なのではないでしょうか(個人意見)。

水漏れを長期間放置するとカビの発生や壁の腐食にもつながるので、なるべく早急に対処しましょう。

PR