エアコン取り外し方法|強制冷房方法

エアコン、配管パイプ内を循環してる冷媒ガスの回収には強制冷房運転の知識が必須です。ガスの回収に失敗して取り外すと危険ですし、取り付け時に再度ガスを規定量入れ直さなければエアコンは効きません。ガス入れは10000円〜15000円が相場でかかります。

取り外し方法

冬場など室内温度が設定温度より低い場合はリモコンで冷房運転がかからないので、強制的に冷房運転をかける方法があります。各メーカーにより方法が違うので取り外そうとするエアコンのメーカー確認が必要。
基本的に、強制冷房の方法は室内機または室外機に記載されています。

全国のおすすめ業者を見る

※広告主エアコン工事業者様募集中(詳しくはこちら)

・パナソニック(Panasonic)
室内機本体にある応急運転スイッチを 「ピッ」 っとなるまで5秒くらい長押しします
応急運転ボタン場所
・東芝(TOSHIBA)
室内機本体にある自動運転ボタンを10秒以上「ピッ」っと鳴るまで長押しします。
※5秒くらいで1回目の「ピッ」が鳴りますがそれではありません。
・シャープ(SHARP)
リモコンにて運転を開始し、その後室内機にある試運転スイッチを5秒ほど長押しします。
・富士通(Fujitsu)
方法@:リモコンで冷房運転開始後、リモコンの試運転スイッチ先端が尖ったもので押します(少し古いエアコンの場合)。
方法A:室内機の応急運転ボタンを長押します(最近の機種はこの方法が主流)。
・ダイキン(DAIKIN)
室内機の運転/停止ボタンを5秒以上「ピッ」っと鳴るまで長押しします。
・日立(hitachi)
方法@:室内機のスイッチを長押しします。
方法A:電源コードを1度抜き、再度差し込み後、室外機の上部のフタをはずし、基盤にあるサービススイッチを長押し(またはスライド)します。
・三菱電機
応急運転スイッチを1回押します。※2回押せば暖房、もう1回押すと停止します
・三菱重工
リモコンの設定温度を 「連続」 にして冷房運転を開始します。
または、室内機のON / OFFボタンを長押しします
・コロナ(CORONA)
リモコンの風量ボタンを押しながら冷房運転を開始します。

上記、強制冷房方法はリモコンで冷房運転ができないときに行うものです(涼しいシーズン、リモコンが壊れているなどの場合)。

わからないことがあればメーカー等にも問い合わせるをするといいでしょう。基本的には説明書や機械に記載してあることに従い、安全に配慮して行ってください。事故等の責任は一切負いかねますのでご了承ください


PR