エアコン取り外し工事をスムーズに終わらせよう。

引越しや退去など、エアコンの取り外しが急遽必要になる方も多くいると思います。さらに普段気にすることでもないため、引越し間際に「あ、エアコンを取り外さないといけない!」と気づく方も少なくないようです。

この記事では、スムーズにエアコン取り外しを完了させるまでの準備すること、確認しておくことをまとめました。

取り外しは業者に依頼しよう。

時間がなく、業者もなかなか見つからないと、「自分で取り外そう」という方も少なくありません。現にネット上にはその作業手順も多く公開されています。

しかし、その知識だけでいきなりやって問題ないように取り外せるかというとそうではありませんし、現に失敗、ミスしている方もいます(取り外し時の失敗例の紹介)。

全国の業者紹介

準備すること、確認すること。

業者への依頼が済んだら工事までに準備すること、確認することがあります。

工事スペースの確保

工事業者さんが到着前までに、室内外ともにエアコン周辺の作業スペース(1.5畳~2畳程度)はあけておきましょう。脚立や工具、取り外したエアコンを置くスペースが必ず必要です。

大型家具、タンス、机、植木、自転車等が障害となるケースが非常にに多いです。特にエアコン設置後に配置した移動できないタンスやベッドなどがあると状況次第では工事不可なケースもあります。これは業者都合ではなく、お客様都合です。

スリーブカバーの用意

エアコンの室内機と室外機に接続されている配管が通っている直径65mm程度の穴が壁に空いているはずです(特殊ケースを除く)。

エアコンが設置されていない状態では基本的にその穴(以下、スリーブ)はカバーがされています。賃貸住宅にてその場所に自分でエアコンを設置した際には、退去時(原状回復)にエアコンを取り外し、カバーも戻す必要があるでしょう。

事前に準備していればエアコン取り外しの業者さんに渡せば元に戻してくれます。元々カバーがあったのに失くしてしまった場合にはパテ(粘土みたいなやつ)で処理することはできますが、退去時に管理会社からカバー代を請求される可能性もありますので、あれば準備しましょう。

リモコンの用意。

エアコンは取り外し時に冷房運転を行位、室外機に冷媒ガスを回収する作業を行います(ポンプダウンといいます)。

このポンプダウン作業や動作確認にはリモコンが必要な場合もあるので必ず用意しておきましょう。

電気契約の確認

先述の通り、取り外し時にはエアコンを運転させます。つまり、電気が必要です。引越し時は、エアコンを取り外した後に電力会社との契約を解約しましょう。

電気が解約されていると電力会社に連絡して電気の復旧を行う必要があります。近年は「スマートメーター」(遠隔操作可能な電力計)がかなり増えてきてますが、それでも復旧まで最短で20~30分かかります。

その間業者を待たせることとなり、場合によっては別料金の発生、後日工事実施となることも。

特に引越し時に慌ててエアコン取り外しを依頼する人に多いですので余裕を持ちましょう。

まとめ

  • エアコン取り外しは業者に任せよう。標準工事で5000円前後。
  • 工事スペース、スリーブカバー、リモコン、電気の契約の確認はマスト。
おすすめ業者を見る
コラム一覧に戻る

up