エアコン配管の化粧カバー後付け問題

よく「エアコン設置後に配管カバーの後付けはできないの?」と聞かれることがあります。

結論から言うと、既設の状況により、ほとんどの場合は不可です。

エアコン設置後に(エアコンを取り外さずに)配管カバーを取り付けることはほとんどの場合できません。詳しく説明していきます。

エアコン配管の化粧カバーとは?

エアコン配管の化粧カバーとは、その名の通り、エアコン室内機と室外機をつなぐ配管を綺麗におさめるためのカバーのことを言います。

なかなか気にすることはないかもしれませんが、ご自宅のエアコンを見てください。配管カバーの施工が無い場合にはテープで巻かれて処理されているはずです。

このエアコン配管カバーには、室内用と室外用があります。

室内配管カバーについて

室内配管カバーの機能としては、見た目がキレイ!になることです。通常のテープ巻処理でもエアコン性能には全く影響しませんが、どうしても部屋全体の美観を損なうことがあります。

梁が多く、室内配管が露出することが多いマンションでは施工を希望する方が多いです。

室外配管カバーについて

室外配管カバーの主な機能としては、見た目がキレイ、劣化から配管を守る、熱交換効率の向上の3点です。こちらはマンション、戸建等に関係なく希望される方はいます。

通常に業者に依頼した場合の配管カバー料金相場

室内配管カバーの場合

テープ巻施工と室内配管化粧カバー比較

室内配管カバー料金相場、8,000円前後~。特にマンションでは配管穴の位置とエアコン設置がまちまちなため詳細見積りが必要なことが多いです。延長や曲がり部品が必要な場合はそれに応じて追加費用が必要。

室外配管カバーの場合

テープ巻施工と室外配管化粧カバー比較

室外配管カバー料金相場、5,000円前後~。建物の種類に関係なく取り付けが予期されます。どこの会社、業者も「ヘッド部品・ストレートカバー2m、エンド部品」が基本セットとして5000円前後、延長や曲がり部品の追加に応じて追加の費用がかかります。

室内カバーの色は白のみですが、室外は外壁や景観に合わせて、ブラック、ブラウン、グレーなどあるため施工希望の場合は検討しましょう(業者により取り扱いは異なります)。

後付けできる?できない?

室内配管カバーの場合

室内配管カバーの場合、エアコン設置後の配管化粧カバーの後付けはほぼできません。

配管カバーを施工する際、業者は配管ルート決めを行い、カバーが収まるように数ミリ単位でエアコンを設置します。カバー施工でない標準のテープ巻仕上げでは基本的にそこまでの調整は行いません。

配管カバーに合わせた配管ルートをとっていない既設エアコンに対して配管カバーを取り付けようと無理やり配管を曲げたりすると、ガス漏れ、配管折れ、室内機落下の危険性があります

室外配管カバーの場合

室外配管カバーの場合、状況によってはできることもありますがおすすめしません。

室外配管については室内より自由度が高いため、エアコン設置後でも配管カバーを取り付けできることはあります。しかし、それも設置状況や配管ルートによるので、無理な取り付けはできません。

エアコン取り付け前にて、たまに「室外配管カバーを取り付けるか迷っているから、今は後付けできるようにテープ巻で取り付けできますか?」との相談もあり、簡単な配管ルートなら対応することもあります。

事前にそのような話が無い場合は配管ルートが汚くないよう、そして配管に無理な力が働かないようにエアコンを取る付けるので、そのように設置されたエアコンに対して配管化粧カバーを無理やり取り付けることは室内の場合と同様にガス漏れ、配管折れの危険性があります。。

室内、室外問わず、多くのケースでは、「一度エアコンを取り外し」→「配管カバー施工」→「再度取り付け」の工事が必要です。配管化粧カバー料金だけでなく取り外し、取り付け料金も発生することになりますので、費用的にもカバーだけの後付けは避け合いところです。

まとめ

  • エアコンの配管化粧カバーは「外観の改善、劣化防止、熱交換効率の改善」の効果がある。
  • 基本的にはエアコン設置後の配管化粧カバーの後付けはできない。
  • 後付けの場合は一度エアコンを取り外して再設置が必要(その工事費用も必要)。
  • 配管化粧カバーの施工に関しては工事業者に相談してみるのも良い。
コラム一覧に戻る

up