エアコンが効かない原因を特定する。

エアコンのスイッチを入れても「あれ?冷えない(暖まらない)!?」ってことがあります。それほど年数が経っていないエアコンが効かなくなる原因の第1位は「冷媒ガス漏れ」ですが、その他原因も考えられますので、下記項目をチェックしてください。

  • フィルターにホコリが詰まっていないか。
  • リモコンで運転切り替えが行われているか。
  • 設定温度は外気温より、冷房時は低いか、暖房時は高いか。
  • 室外機は動いているか。

上記チェック項目に問題がなければ、冷媒ガス漏れ(不足)を疑いましょう。

冷媒ガス漏れ時に出る症状

エアコンが効かない理由がガス漏れ・不足に原因があるとすれば、(室外機も動きはじめてから)冷房運転時に室外機の配管接続部に白く霜が発生します(下写真参考)。

ガス不足により室外機に霜が発生

冷媒ガス不足時に出る症状で、ほぼ確実に「冷媒不足」と言っても過言はないので、業者の方に連絡しましょう。(稀にコンプレッサー異常の場合でこの症状が出ることがあるようです)

この現象は冷媒「不足」時に起きるもので、そもそも霜がつくほどのガス量が残っていなければ、このような症状も出ません。その場合、配管接続部に手で触れてみてください。冷たくなければほぼガスは残っていないはずです。

冷房運転をする必要がありますが、冬場ではリモコンで冷房を行うことができないので、強制冷房運転を行います。その方法は、「メーカー別・強制冷房の方法」で紹介しています。

冷媒ガスが漏れた原因は主に3つ

エアコン設置後に冷媒ガスが漏れる原因は主に3つ。

  • 設置業者による施工・工事不良。
  • 無理やり動かした等の外的要因。
  • 機器的な損傷。

「設置業者による施工・工事不良」について

いくらプロ業者と言ってもやはり人の手によるものなので、ミスもあります。もちろん業者の方も後々呼ばれて1円にもならない修理をする大変さはわかっているので確実に行いますが、それでも100%とは言い切れません。エアコン設置をやっていて一度もガス漏れさせたことがないという職人さんの方が少ないのではないでしょうか。

ここで言う施工不良とは主に、「配管フレア部での」ガス漏れです。

新品エアコンでも中古エアコンでも関係なく、新規に配管パイプをエアコン(に溶接されている配管)に接続するときには、その配管の先端をフレア加工(ラッパ上に広げる加工)し、締め付けることで接続します(メタルシール)。
この時の、フレア面の作り方、締め付ける力の度合い、締め付ける角度、これらに問題があるとガスを流した時にその部分からガスが抜けてしまいます。

大きめの欠陥であれば、エアコンを設置しガスの開放の前には真空引きという配管内部の空気を除去し真空状態にする作業の際に判明しますが(大きな漏れ箇所があれば真空にならないため)、ごく微量な漏れの場合は検知できないケースもあります。ごく微量の場合は数年後にガス不足となりますが、この時点で施工業者に連絡しても工事後時間が経っているため、工事が原因なのかはっきりしないことも多く、無償(保証内)で修理できる場合は限られるでしょう。

しかし、ガス漏れが疑われるようであればまずは業者、メーカーに連絡しましょう。

おまけのような話ですが、取り付け後だけでなく、取り外し時も適切に取り外しを行わないとガスが漏れます。取り外し時にガス漏れさせるような人はもはや「エアコン工事業者」ではなく、素人に多いです。
「ポンプダウンに失敗」「そもそもポンプダウンを知らない」など、室外機に適切にガスが回収できなければガスは漏れてしまいます。

「無理やり動かした等の外的要因。」について

よくあるのが、マンションや戸建の塗装工事業者、外構工事業者による室外機移動でのガス漏れ。

塗装工事や外構工事とエアコンは相性が悪く、意外と頻繁にこの問題は起こります。たまに塗装業者から「お客様宅のエアコンをガス漏れさせたから修理してほしい」という連絡が来たりもします。

配管がつながったままの室外機を負荷がかかる程度に無理やり動かすと、当然のことながら接続部でのガス漏れ、配管折れで空いた穴からのガス漏れが起こります。ただのガス漏れならまだいいものの、配管が折れたり潰れたりすると修理の際に配管も交換する必要があるため費用もかさみます。

業者だけでなく、「駐車の邪魔だから」「風向きを変えたいから」とむやみに室外機を移動させる方も見受けられますが、やめた方がいいです。特に配管の長さに余裕を持ってエアコンを設置することはほぼなく、効率的にも美観的にもなるべく短い長さで施工するのが良いとされているので、ほとんどのエアコンは移動できるほどの余裕はないと思います。

エアコン業者に相談しましょう。

「機器的な損傷。」について

ほとんどありませんが、極稀に機器的な理由でガスが漏れることがあります。

エアコン製造段階での配管溶接ミス、腐食による配管に穴が開いた、主にはこの2点です。

溶接ミスの場合、極小ホールになるほどガス漏れ検知は難しくなります。また、施工ミス(工事の際の配管接続ミス)と判断され、「ガス入れ→漏れる→ガス入れ→漏れる」が繰り返されてやっと発覚することもあります。配管腐食の場合は極小の一部だけが腐食するということはないため、発覚は早いと思います(ほぼ起きない)。

機器(室内機、室外機)内での配管部分に欠損がある場合には交換、買い替えとなります(メーカー保証)。

エアコン・冷媒ガス漏れの修理費用について

冷媒ガス規定量充填(R410A,R32) 15,000~20,000円※1
配管フレア部修理 10,000~円※2

※1:業者により、充填する量・種類により異なる場合があります。
※2:現在の設置状況によります(取り外す必要があるかなど)

ガス漏れ修理の場合は最低でも15,000円程度かかります。もし6畳~8畳用くらいのエアコンで製造年より10年近く経っているなら買い替えた方が良い場合もあります。また、高機能搭載エアコンでもエアコンとしての寿命は安いエアコンと大差ないため、修理費用によっては買い替えを検討すべきかもです。

ガス漏れ修理依頼時の流れとチェック事項

エアコンが効かず、いざ業者に修理依頼する際にはかならずそのエアコンの冷媒種類と冷媒量を確認しましょう。

まずは、通常のエアコン工事依頼時と同じようにエアコンの型番と設置状況を確認。

冷媒種類ですが、現在皆様のご家庭で使われているのは主にR410AとR32のエアコンがあります(古いエアコンではR22もあり)。業者もそのガスを用意する必要があったり、量により修理費が変わることもあります。
ガス漏れ修理を頼んだのに現場で「このガスは持っていない」と言われてもお互い困りますよね。

冷媒ガスの種類と規定量は室外機の側面に記載があるので確認しましょう。

室外機の冷媒ガス情報記載場所

まとめ

  • エアコンの設定やフィルターに問題がないか確認すること。
  • ガス漏れには、「工事不良」「外的要因」「機器的要因」がある。
  • ガス漏れ修理相場は15,000~25,000円(状況依存:強)
  • まずは見積りをとって、エアコン本体の買い替えも検討。
  • 修理依頼時には室外機側面で「冷媒種類」と「冷媒規定量」を確認。

PR

up