「エアコンをつけたのに部屋が冷たくならない」「冷房設定してもぬるい風しか出ていない」など、気がついたらエアコンの冷暖房が効いていないということがあります。エアコンが効かない原因はいくつかありますが、この記事では「冷媒ガス漏れ」でのエアコン不具合について詳しく解説しますので参考にしてください。

1.エアコンが効かなくなる原因の第一位はガス漏れ

エアコンが効かなくなる原因でもっとも多いのは冷媒ガス漏れによるものです。

エアコンは冷媒ガスが配管と機械本体内を状態変化(気体⇄液体)を繰り返し熱交換することで冷たい空気を作ったり、暖かい空気を作ったりしています。そのため、冷媒ガスが何かしらの原因で減ってしまったり、なくなってしまうと熱交換できなくなり冷暖房の効きが悪くなります。

しかし、「エアコンが効かない」=「ガス漏れ」ではなく、その他原因により冷暖房が効かないこともあるので、まずは下記項目をチェックしてください。

  • フィルターにホコリが溜まってないか。
  • 送風ファンが回っているか、汚れが付着していないか(ちゃんと風が出ているか)。
  • リモコンの冷暖房設定が正しいか。設定温度は外気温より、低いか(冷房時)、高いか(暖房時)。
  • 室外機は動いているか。

上記項目に問題なく、冷えない、暖まらない場合にはガス漏れ・ガス不足の可能性が高いです。業者へ点検&修理を依頼しましょう

2.ガス漏れの原因

エアコンのガス漏れの原因は主に下記の3つ。

  • 取り外し、取り付け業者の作業ミス。
  • 無理矢理動かした。
  • 機器的な劣化、損傷。

それぞれ解説します。

取り外し、取り付け業者の作業ミス。

業者に依頼した場合でもそこは人間、ミスはあります。取り外し時のポンプダウン作業、取り付け時の配管接続作業においてのミスによりガス漏れを起こしてしまう場合があります。

エアコンを設置する際は配管パイプを接続するときに、その配管の先端をフレア加工(ラッパ上に広げる加工)し、締め付けることで接続します。この時の、フレア面の作り方、接続時の締め付ける力の度合い、締め付ける角度、これらに問題があるとガスを流した時にその部分から高圧のガスが抜けてしまいます。

取り付けの場合、大きな欠陥であればエアコンを設置時の「真空引き」という配管内部の空気を除去し真空状態にする作業の際にその欠陥は判明しますが(大きな漏れ箇所があれば真空にならないため)、ごく微量な漏れの場合は検知できないケースもあります。微量の漏れの場合は少しずつガスが抜けていき、数年後に冷暖房が効かなくなります。

無理矢理動かした。

配管がつながったまま室外機を移動させガス漏れさせてしまうケースも珍しくありません。一般の方だけでなく、塗装工事業者、外構工事業者などが作業に伴い室外機を移動させガス漏れさせてしまうことも業界ではよく知られた話です。

配管がつながったままの室外機を負荷がかかる程度に無理やり動かすと、当然のことながら接続部でガス漏れを起こします。配管の長さに余裕がない場合には室外機を動かさないようにしましょう。

また、ただのガス漏れならまだいいものの、配管が折れたり潰れたりすると修理の際に配管も交換する必要があるため費用もかさむことがあります。

機器的な劣化、損傷。

あまりありませんが、機器的要因としてエアコン製造段階での配管溶接ミス、腐食により配管に穴が開いた、主にはこの2点があります。

溶接ミスの場合、極小ホールになるほどガス漏れ検知は難しくなります。また、施工ミス(工事の際の配管接続ミス)と判断され、「ガス入れ→漏れる→ガス入れ→漏れる」が繰り返されて発見が遅れる場合もあります。

配管の腐食の場合は沿岸部で発症の可能性が高く、エアコン設置後数年で発症します。

3.ガス漏れ時の症状と確認方法

3.1 配管接続部の霜の確認

ガス不足により室外機に霜が発生

ガスが一定量減ると、冷房運転時に室外機配管接続部分や熱交換器に霜が発生します。冷房運転をする必要がありますが、冬場ではリモコンで冷房を行うことができないので、強制冷房運転を行います(「メーカー別・強制冷房の方法」はこちら

なお、ガスがほとんど抜けてしまっている場合には霜すら発生しないので、「霜がついていないからガス漏れではない」という判断は正しくありません。注意しましょう。

3.2 泡スプレー、石鹸の使用

ガス漏れ箇所に石鹸水(洗剤水)を吹きかけるとブクブクと泡が発生します。室外機側、室内機側の配管接続部分に吹きかけ様子を見ます。ガス漏れ検知用のスプレーも安価で売られています。

3.3 ガス漏れ検知器

ガス漏れ検知器を使用することで比較的容易にガス漏れ箇所を発見できます。

4.ガス漏れ修理と費用

4.1 費用相場。悪質業者に注意。

エアコンのガス漏れ修理費用の相場は15,000円〜25,000円程度です。

なお、高所での漏れ箇所修理や大型エアコンの場合など、標準作業でない場合には追加費用がかかるので設置状況により修理代金が大幅に変わるケースも少なくありません。

また、エアコンが効かない原因がガス漏れではない場合でも「ガス漏れです」と言ってガスを入れるフリだけして数万円請求する悪質業者もいるみたいなので注意しましょう(「エアコンガス漏れ修理とクリーニング費用で6万円請求された。お客様の話」)。

4.2 業者に依頼するときの確認事項

冷媒ガスの種類と規定量

エアコンが効かない原因がガス不足の疑いがある場合、いざ業者に修理依頼する際にはエアコンの型番と設置状況だけでなく、必ずそのエアコンの冷媒種類と冷媒量を確認しましょう。

冷媒種類は、現在皆様のご家庭で使われているのは主にR410AとR32のエアコンがあります(古いエアコンではR22もあるが製造・販売されていない)。冷媒ガスの種類と規定量は室外機の側面に記載があるので確認しましょう。

まとめ

  • エアコンが効かない原因第一はガス漏れ・ガス不足。
  • ガス漏れを起こす原因でもっとも多いのが作業ミス。
  • ガス漏れ修理費用の相場は15,000円〜25,000円程度(設置状況により変動あり)。
  • 業者に修理依頼するときには冷媒種類と冷媒量を伝えること。

ガス漏れを起こしガス不足となったエアコンの修理は知識、経験だけでなく専用の工具・道具が必要になり到底一般の方が行えるものではありません。業者への修理を依頼しましょう。

全国のおすすめ業者を見る
コラム一覧に戻る

全国の頑張る業者さん

  • 【大阪】TNエアコンサービス

    TNエアコンサービス

    少数精鋭で臨機応変、丁寧に対応!工事日時もご相談ください。【中古エアコン工事込み 3万円から有り!】公式サイト

  • 【福岡】遠藤空調サービス

    遠藤空調サービス

    エアコン工事、修理、クリーニング対応!元エアコンメーカーサービスエンジニアが対応します。公式サイト

  • 【東京】青雲電機(せいうんでんき)

    工事費だまされていませんか?日本で1番安い!?配管セット(1000円/m)!リピーター、女性のお客様多数!下請けなし。公式サイト

  • 【宮崎県】前田電工

    前田電工

    宮崎県宮崎市を中心にご家庭のエアコン、各種電気工事を行なっております。「適切な施工」「適正な価格」「誠実な対応」でお役に立たせていただきます。 公式サイト

  • 【長崎県】しま電器

    しま電器

    ”ブログにて実際の工事紹介”を行っております。”価格は安く時間をかけた丁寧な仕上がり”が理想の選択肢だと考えています。公式サイト

  • 【群馬県】モリタメンテナンスサービス

    モリタメンテナンスサービス

    工事歴20年以上の技術と経験でご納得いただけるエアコン工事に努めます公式サイト

up